Event is FINISHED

『プログラミングで海のSDGs!』(横浜開催)

Description

★チケット販売スケジュールのお知らせ

二次募集開始 7月22日(月)朝7:00〜
7月22日(月)朝7:00より、AとBのチケットの定員数が追加されます。どうぞご利用ください。


『プログラミングで海のSDGs!』とは


プログラミングを通して海洋プラスチックごみ問題を親子で学ぼう!
⼩学校3〜6 年⽣の親⼦を対象に「プログラミングで海のSDGs!」イベントを開催します。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して⼈と⼈とがつながる“⽇本財団「海と⽇本プロジェクト」”の⼀環です。

SDGsって何? プログラミングって何? どうするの? 難しいの?
…という親子でも大丈夫!
本イベントではSDGs 課題14「海の豊かさを守ろう」をテーマに、まずは、現在深刻化が進む「海洋プラスチックごみ問題」を講師と⼀緒に考えます。その後、プログラミングワークショップを通して、海をきれいにするための「プラスチックごみ調査船」をプログラミングで組み⽴てていきます。

海を汚したら⾃分たちの⾷⽣活にどのように影響が現れるかなど、プログラミングを通して“海を守ることの⼤切さ”を再認識し、加えて、今注⽬されているSDGs についても親⼦で考えることができる、夏休みにぴったりのイベントです。


『プログラミングで海のSDGs!』(横浜開催)イベント概要

※最下部の注意書きまでご確認のうえ、チケットをお求めください。


イベント開催日時

2019年8月10日(土曜日)10:00〜18:30



【A】親子向け講演会

講演タイトル「未来のために知っておきたい、海とプラスチックの話」
≪講師≫大阪商業大学 公共学部 准教授 原田禎夫(はらだ さだお)先生

●内容
世界的に深刻化する海のプラスチック汚染。
実は海のプラスチックごみのほとんどは、
私たちの暮らしの中から出ている身近なものばかりです。
どうすれば海のプラスチック汚染を食い止められるのか、
みなさんと一緒に考えましょう!

●時間
10:00~10:45(受付開始は09:30〜)

●人数・対象年齢
240名(小学3〜6年生および保護者)

●費用
参加費無料ですが、参加は予約制のためチケットが必要です。

●場所
横浜情報文化センター 6階 情文ホール



【B】海ごみ調査プログラミングワークショップ

「micro:bit(マイクロビット)を使って、海洋ごみの調査船をプログラムしよう」
≪協力≫リトルスタジオインク株式会社

●内容
ブロックプログラミングとmicro:bitを使って、海洋ゴミの調査をするよ。
プログラミングだけでなく、どうしてこのような調査が必要なのか、
調査結果から何がわかるのかについても考えよう。
(途中休憩を挟んで、約2時間のワークショップです)

●時間
3回開催されます。
第1回ワークショップ 11:30~13:25(受付開始は11:15〜)
第2回ワークショップ 14:00~15:55(受付開始は13:45〜)
第3回ワークショップ 16:30~18:25(受付開始は16:15〜)
※ワークショップの内容は各回同じです。ご都合の良い時間を選んでお申し込みください。
※ワークショップはB、C両方参加することも可能です。それぞれのチケットをお申し込みください。

●人数・対象年齢
各回15名ずつ(小学4〜6年生対象)

●費用
1,500円(教材実費の約半額の負担をお願いしています。)
★教材として使うmicro:bitは、各自お持ち帰りいただけます。アレンジ可能な紙ケースが付属します。

●場所
横浜情報文化センター 7階 大会議室


【C】初心者向けプログラミングワークショップ

「未来の美しい海」のテーマで動く紙芝居を作ろう!
~Scratchによるブロックプログラミングの体験~
プログラミングでボール型ロボットを動かそう
~Spheroを利用したプログラミング体験~
≪協力≫神奈川工科大学

●内容
神奈川工科大学の協力で、Scratchやボール型ロボットSphero(スフィロ)を使って
初心者向けのプログラミング教室を行います。
プログラミングの全くの初心者でも参加大歓迎!

●時間
3回開催されます。
第1回ワークショップ 11:45~13:20(受付開始は11:30〜)
第2回ワークショップ 14:15~15:50(受付開始は14:00〜)
第3回ワークショップ 16:45~18:20(受付開始は16:30〜)
※ワークショップの内容は各回同じです。ご都合の良い時間を選んでお申し込みください。
※ワークショップはB、C両方参加することも可能です。それぞれのチケットをお申し込みください。

●人数・対象年齢
各回15名ずつ(小学3〜6年生対象)

●費用
参加費無料ですが、参加は予約制のためチケットが必要です。

●場所
横浜情報文化センター 7階 小会議室


主催・後援・協力


主催:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト
後援:総務省、未来の学びコンソーシアム、横浜市教育委員会
協力:神奈川工科大学、リトルスタジオインク株式会社
特別協力:公益財団法人 日本財団

このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています。


会場へのアクセス


【会場】
横浜情報文化センター(横浜市中区日本大通11番地)
>会場へのアクセスはこちら(横浜情報文化センター公式サイト)

【交通⼿段】
電車
・JR「関内駅」南口 徒歩10分
・横浜市営地下鉄「関内駅」1番出口 徒歩10分
・みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口 徒歩0分


お問い合わせ

会場への、内容やお申し込み等に関するお問い合わせはお控えください。

チケットに関するお問い合わせ

●Peatix「お問い合わせ」:
https://peatix.com/contact
※チケットに関するお問い合わせやキャンセルは、入手されたチケット内に書かれている「主催者へ連絡」よりお問い合わせください。

イベント等の内容に関するお問い合わせ
●プログラミングでSDGs!(オフィシャルHP):
https://programming.or.jp

●プログラミングでSDGs! お問い合わせ:
https://programming.or.jp/inquiry/
umip@programming.or.jp
サポート受付時間 10:00~17:00(土日・祝日を除く)

●イベント当日の電話対応(8月10日のみ)
一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト スタッフ:080-5442-8677


注意事項


  1. 会場には必ず保護者の方がご同伴いただき、児童のワークショップ等への参加中、保護者は館内に留まっていただけるようお願いいたします。
  2. 本件はPeatix「チケット譲渡」対象外の設定となっております。チケットの譲渡、転売は禁止します。複数人数のチケットをまとめてご購入された場合は、全員お揃いになってから受付をお願いいたします。
  3. 台風その他やむを得ない安全上の理由により、イベントは中止になる場合があります。キャンセル料金の払い戻しはPeatixの規定にしたがって行われます。ただし、出演者の変更、また天災などのやむを得ない理由によるイベントの途中終了の場合は、チケットの払い戻しは一切行いません。
  4. 未就学児は入場予約は不要ですが、未就学児のお席のご用意はございませんので予めご了承ください。
  5. 講演会やワークショップの様子は撮影され、客席エリアを含む会場内の映像・写真が公開されることがあります。予めご了承ください。
  6. 筆記用具と水筒など水分補給用のお飲み物をご持参ください。
  7. 講演会は録音、写真や動画の撮影は禁止となります。
  8. ワークショップは、写真撮影は構いません。ただし、SNS等に投稿する際には、他のお子さんが特定出来ないように配慮をお願いします。
  9. 講演会やワークショップ中は携帯電話やスマートホンは電源を切るか、サイレントモードに設定してください。
  10. <昼食に関して>第1回ワークショップは、お昼の時間にかかっていますので、事前に昼食をおすませください。館内レストラン/カフェでの食事には、時間がかかる事が予想されます。お弁当は、指定場所において持ち込み飲食が可能です。
  11. <交通手段に関して>当日は、夏休み期間中の三連休初日のため各所で渋滞が予想されます。可能な限り、公共交通機関での移動をお願いいたします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#458187 2019-07-29 13:44:40
More updates
Sat Aug 10, 2019
10:00 AM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
【A】親子向け講演会 10:00〜 FULL
【B】海ごみ調査プログラミング1回目11:30〜 SOLD OUT ¥1,500
【B】海ごみ調査プログラミング2回目14:00〜 SOLD OUT ¥1,500
【B】海ごみ調査プログラミング3回目16:30〜 SOLD OUT ¥1,500
【C】初心者向けプログラミング1回目11:45〜 FULL
【C】初心者向けプログラミング2回目14:15〜 FULL
【C】初心者向けプログラミング3回目16:45〜 FULL
Venue Address
横浜市中区日本大通11 Japan
Organizer
プログラミングでSDGs!
138 Followers